読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨降る夜に

ポケモン関係のブログです。

【トリプル】診断メーカー大会

しっとさん主催の診断トリプルに参加しました。

ルール等はきゅんさんが主催していたものと同じです。

今回使うことになったのは以下の6匹

f:id:ameriamemoyo:20161023174731j:plain

全体的にSが高く耐久が心もとないです。(以前参加した時のペルシアンオンバーンメガアブソルよりはマシでしょうか?)

以下解説です。

メガゲンガー

臆病hbSベース@ゲンガナイト

シャドーボールマジカルシャイン、守る、身代わり

パーティのメガ枠、有利対面で長生きできるように守ると身代わりを採用。

ギルガルド

意地Hasベース@メタルコート

アイアンヘッド、影うち、キングシールド、ワイドガード

パーティのギルガルド枠、特殊型か身代わり型にすればもう少し勝ちを拾えたかも。

マフォクシー

臆病CS@命の珠

サイコショック、火炎放射、鬼火、スキルスワップ

パーティのS操作枠、火力が足りない。

グラエナ

陽気HS@レンブのみ

怒りの前歯、不意打ち、睨みつける、挑発

パーティの威嚇枠、睨みつけて相手を威嚇するお仕事。

エテボース

陽気AS@気合の襷

猫騙し、恩返し、けたぐり、横取り

猫騙し枠、横取りは警戒されなかった。

フローゼル

陽気AS@ラムのみ

滝登り、アクアジェット、冷凍パンチ、先取り

自由枠、神秘の雫を持たせたかったがいつの間にかラムのみを持っていた。

結果は2-4

個人的に診断トリプルで考えていることをなんとなくですが書き残します。

このルールは特定のタイプが多くなりやすいルールだと思っています。(ギルガルドワイドガード枠の鋼タイプ、猫騙し枠のノーマル、格闘タイプ)

今回はそんな2つの枠に基本的に有利を取れるマフォクシーを引き内心とても喜んでいました。

また、毒技は基本的に必要ないと考えています。理由としては鋼枠があること、そして打ちたい相手が環境に少ないことからです。草タイプにはS操作枠で飛行タイプを弾ければ言わずもがな、今回僕はマフォクシーがいたことで明らかに必要ない技と判断できました。そして個人的にはこのルールでフェアリータイプは使いにくいとも考えています。特殊フェアリーなら技はそれなりに通しやすいですがワイドガードや鋼枠を考えると火力を押し付けにくい環境であると思います。また、猫騙し枠のS関係は診断トリプルにおいて最重要問題だと思っています。このような決めつけられたプールの中の対戦での初速はとても初手の動きを制限させることができ、有利な押し付け(全体技があれば全体技、なければ上から確定1発を取れる火力で猫騙しと合わせて落とす)が一気に試合を決められるからです。

なんかグダッと書いてしまいましたが以上が診断トリプルにおいて僕が考えていることでした。