読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨降る夜に

ポケモン関係のブログです。

【イッシュファイナル】波乗り雨パ【トリプル】

公式が主催するインターネット大会イッシュファイナルの構築記事です。

ルールは過去作あり、BWまでに記録されていたポケモンが使えるトリプルバトル

 

こんなところで構築のお話し。

メガなどなくほぼほぼ5世代の環境で行われるトリプルバトルという事で僕はそこまでモチベーションが高くなく構築を考えずスプラトゥーンをしながら構築を考えるトリプル勢のTLを見ている程度でそこまでやる気はありませんでした。

しかし初日の金曜日に1650近くまで上げている人が多く簡単に上げられそうだしやるかぐらいで構築を10分で組みましたそれがこちら。

 

f:id:ameriamemoyo:20160829172127p:plain

考える時間がなければば使う構築はとがったものにするべきという事でお手軽な波乗りパを使用しました。

簡単な個体の話から

ニョロトノ

191-***-102-156-120-*67 冷静

火力がないニョロトノは嫌いなので冷静特殊攻撃振り切り個体。

本来は神秘のしずくを持たせた個体だったが、なるべく残って雨を降らす仕事を考えオボンのみをもたせました。

珠化身ボルトロスの10万ボルトを耐えるためにソクノのみでもいいかもしれないがそんな個体は1人にしか会わなかったのでこれで正解でしょう。

雨乞いはうまく使えるタイミングがなかったので冷凍Bかサイコキネシスか守にするべきだった。

 

キングドラ

151-***-116-160-116-137 控えめ

いたって普通のキングドラ

 

サーナイト

175-***-*88-176-136-115 控えめ

波乗りの影響を受けないアタッカーとして採用。

サイコショックは波乗りを受けに来るモロバレル相手にたくさん、猫騙しをしに来る格闘タイプに刺さった。

相手のワイドガードを横取りながら波乗りを通すプレイングも容易だった。

 

ライボルト

145-***-*80-157-*80-172 臆病

電磁波で雨アタッカーを止められないようにする枠。

火炎放射は2発撃てるものではないので素直にオーバーヒートを打ったほうがいいです。

 

ラティオス

155‐***‐100‐182‐130‐178 臆病

たたきを上から縛れるやつ。

こいつに雨乞いではなく10万ボルトか雷を入れておいてもよかった。

不意打ちをすかすため雨乞いに打ったが読まれていた。

 

ドクロッグ

159-158-*85-***-*85-150 陽気

波乗り雨の猫騙し役は基本こいつ。 

制限大会ではハッサムなど低速先制技持ちが増える傾向にあるので上から縛れる不意打ちを選択狩りのこしは許さない。

普通に使うときは不意打ちよりフェイントや横取りのほうが良い。

 

 

総評

10分で考えた分完成度は低かったが1680ぐらいまでは安定して勝つことができる構築であった。ていうか雨手助け波乗りで半壊させた試合が多すぎる。

叩きにも数多く当たったが、テラキオンに壊滅させられた試合はジョンさん一人だけだったので、ぶっちゃけ普通に使えるPTだと思う。

普段のレートではドクロッグをガルーラの恩返しで倒していたがこの大会ではそれができなくてミラーの勝率が低くなってしまったことが反省点だと思います。

 

対叩きは相手の出す順を予想しながらエルフーンから遠いところにサーナイトを置きドクロッグラティオスを並べることで基本的には勝てたので満足。