雨降る夜に

ポケモン関係のブログです。

Let's GoピカチュウLet's Goイーブイ使用ポケモン

インターネット大会に久しぶりに参加しました。


ルールはピカチュウイーブイを使った1on1

突如参加が危ぶまれたぎんなんさんに個体を借りました。

ぎんなんさんが詳しい配分を教えてくれないので個体の調整はわかりませんがとても考察されていましたのでこちらからご覧ください。→http://ginnnanpoke.hatenadiary.jp/entry/2018/08/06/173859


戦績は21-9で多分初めてインターネット大会で7割を変えることができました。

ピカチュウに11-4

イーブイに10-5


次は自分で考えましょう。

伝説厨「サークルオブレジェンド」使用構築

f:id:ameriamemoyo:20180725195507j:plain

7/22に行われた伝説厨オフサブイベント「サークルオブレジェンド」使用構築


使えるポケモンは準伝説、伝説、幻のポケモンのみ。

レックウザ@こだわりはちまき

やんちゃ 4-252-0-0-0-252

ガリョウテンセイしんそく、じしん、オーバーヒート

メガ進化するためにガリョウテンセイ

フィニッシャーとしてのしんそく

高火力じしん

Vジェネレードの代わりのオーバーヒート


アルセウス@こうてつプレート

ようき 4-252-0-×-0-252

しんそくアイアンヘッドギガインパクトつるぎのまい

フィニッシャーとしてのしんそく

ゼルネアスに合わせて打つアイアンヘッド

強いと思ったギガインパクト

打点を上げるためのつるぎのまい


ディアルガ@シュカのみ

おくびょう 252-×-0-4-0-252

りゅうのはどうかえんほうしゃ、じこあんじ、トリックルーム

安定打点のりゅうのはどう

鋼に打点を持つかえんほうしゃ

積み環境なのでじこあんじ

切り返しにトリックルーム


ゼルネアス@パワフルハーブ

おくびょう 4-×-0-252-0-252

ムーンフォース、ジオコントロールアロマセラピー、まもる

安定打点のムーンフォース

積むためのジオコントロール

ハートのウロコがなくマジカルシャインのままだったアロマセラピー

トリックルーム、おいかぜをごまかすまもる。


クレセリア@アッキのみ

ずぶとい 252-×-252-4-0-4

こごえるかぜ、ムーンフォースつきのひかり、リフレクター

S操作をするこごえるかぜ

追加効果狙いのムーンフォース

ジリ貧だけどないよりマシなつきのひかり

しんそく連打に対抗するリフレクター


ボルトロス@オボンのみ

おくびょう 252-×-0-0-4-252

でんじは、みがわり、いばる、イカサマ

積みの起点を作るためのでんじは

ダークホール対策のみがわり

ローテの鉄則いばる

相性のいいイカサマ


今回は構築を自分でほぼ考えたのでちゃんと経緯書きます。


まず最初に採用が決まったのがゼルネアス。

積めばイージーウィンを狙えるので当然ですね。

続いては積んだゼルネアスを止めるためのしんそくを持つレックウザアルセウスこの時点では持ち物ははちまきやラムのみが候補。

積み構築のために起点が作れるでんじはボルトロスとリフレクタークレセリア

相手のしんそくを止めるポケモンとしてジラーチディアルガが候補に。

アルセウスをこうてつプレートで採用すればゼルネアスも対策できるのでトリックルームを覚えるディアルガを採用。

こうして6匹決まりました。


あと悩むところはレックウザの型です。

こだわり型にするのか、状態異常を対策できるラム竜舞型にするのか、2回行動するためにタスキ型にするのか。

ここで以前までのローテで強かったポケモンを思い出しました。4体目に出てくるこだわりはちまきファイアローこだわりスカーフレックウザです。

どちらも終盤に出てきて、相手に一貫する技を高火力で上から放つポケモンです。

つまりここで採用するべきなのは状況に応じて積むポケモンより瞬間の火力に優れているこだわりはちまき型と考えて採用しました。


結果は2勝2敗。

負けた構築にはホウオウがいました。

盲点でしたね。Vジェネレードの代わりの採用したオーバーヒートではなくいわなだれだったら……

クレセリアの代わりにスカーフカイオーガを採用していたら……

それと1番高かったのはアルセウスの技構成ですね。他の方は特殊型で採用していました。

物理型で採用するならじしんが欲しかったですね。


伝説厨オフ「6thGSトリプル」使用構築

f:id:ameriamemoyo:20180725183732j:plain

7/22に行われた伝説厨にて行われたサブイベント6thGSトリプルの構築記事。

是非とも叩き台にしていきましょう。


グラードン@べにいろのたま

いじっぱり 252-244-0-×-12-0

だんがいのつるぎ、炎のパンチ、10まんボルト、まもる


ゼルネアス@パワフルハーブ

おくびょう 4-×-0-252-0-252

ムーンフォースマジカルシャイン、ジオコントロール、まもる


ボーマンダ@ボーマンダナイト

おくびょう 4-×-0-252-0-252

ハイパーボイスかえんほうしゃ、おいかぜ、まもる


ニンフィア@こだわりメガネ

おくびょう 4-×-0-252-0-252

ハイパーボイスはかいこうせん、ねごと


カポエラー@だっしゅつボタン

ようき 12-172-4-×-68-252

インファイトねこだまし、フェイント、ファストガード


ファイアロー@いのちのたま

ブレイブバードつるぎのまい、おいかぜ、ファストガード


トリックルームがきついです。


第40回伝説厨オフ使用構築 イベルオーガ

2月18日に行われた伝説厨での使用構築です。

f:id:ameriamemoyo:20180218231301j:plain

f:id:ameriamemoyo:20180218231517p:plain

既にTwitterで公開した通りの構築ですが構築経緯やそれぞれのポケモンに対する補足を行います。


まずGS戦で肝となる伝説枠から。

カイオーガについて

WCS2016ルールで対戦をされていた方には説明不要のスペックは今作でも健在であり、特性、種族値、技範囲のかみ合いの良さ、対抗手段であるレックウザグラードンに対し比較的安定打点で対応できるため採用。


イベルタルについて

WCS2016ルールでは瞬間打点の低さや有利ポケモンの少なさから敬遠されていたが、今作では新たに伝説枠として加わったポケモンソルガレオルナアーラネクロズマであり(ネクロズマは日食、月食ウルトラネクロズマを含む)、このポケモンに有利打点を持てる点、またZ技という瞬間打点を持てることから採用した。

陽気飛行Zで

メガレックウザの鉢巻画竜点睛耐えカイオーガ154~183(74.3~88.4%)

ゼルネアスが169~201(74.4~88.5%)

と十分な打点を確保。

努力値を耐久に割き、バークアウトなどで削るのではなくメインのアタッカーとしても戦えるようにした。


一般ポケモン

カプ・ブルル

上記の伝説枠のポケモンを使用した時に対策をしっかりと練らなくてはならないのが、島の守り神として登場したカプ・コケコとカプ・テテフである。

通常のダブルバトルの際もそうだがこのポケモンたちはこの環境でも強く、技を一貫させては簡単に負ける要素となる。

カプ・ブルルを採用した理由としては初手で確実にフィールドを取れる点、高火力な技で様々な打点を持てることから採用した。当初は突撃チョッキを持たせ後出しを積極的にすることも考えたが挑発を打ちたい場面も多く、フィラのみで回復することを考えた。

耐久値としてはH252のみで

CSイベルタルデスウイング146~174(82.4~98.3%)

控えめ4振りゲンシカイオーガの冷凍ビームが132~156(74.5~88.1%)

とちょうどきのみが発動するものとなっており小回りの効くポケモンとして使用しやすかった。


ウツロイドについて

このポケモンは構築の最後の枠にはまったポケモンである。

タイプ一致技が環境の中心にいるポケモンに対し通りやすく、ジオコントロールゼルネアスやZお祝いホウオウ等強力な積み技を持つポケモンに対して効果的に技を当てるポケモンとして採用した。また、今回はトリックルームとの選択の末悩みの種を採用し、強力な特性をスキルスワップで何度も発動されないことを優先した。


霊獣ランドロスについて

力尽くランドロスと選択の末味方の耐久を擬似的に向上させる霊獣ランドロスを採用。

またカプ・ブルルを採用したことから物理型ではなく特殊型として採用し、よりグラードンに強い型を採用した。


メガメタグロスについて

元々はガルーラを採用する予定だったが種族値が低いと感じたため種族値が高いメタグロスをメガ進化枠として採用。

メインウエポンがゼルネアスなどにしか打点を持たないため環境としては厳しい立ち位置ながら相手を選べばスペックは問題なく頼りになるポケモンであることには違いはなかった。



反省点

イベルタルは特殊型の方が動かしやすい技が揃っており、WCS2016と比べてもきのみやZ技と持ち物のバリエーションを考え直すべきなのかなと思う。

また、メガレックウザの鉢巻画竜点睛耐え調整のカイオーガの耐久は素晴らしいがミラーを考えるともうすこしSをあげるべきなのかなと思う。



【3世代】くどオフ使用構築【シングル】

第4回くどオフの使用構築をメモ程度に

ニドクイン 拘り鉢巻

地震 ヘドロ爆弾 馬鹿力 シャドーボール

ガラガラ 太い骨

骨ブーメラン 岩雪崩 燕返し 剣舞

サンダー カムラ

10万 高速移動 身代り バトン

ヘラクロス チイラ

気合パンチ 岩石封じ 身代り ビルドアップ

メタグロス 先制の爪

コメットパンチ 地震 シャドーボール 大爆発

ラティアス 食べ残し

ドラゴンクロー 瞑想 身代り 電磁波

カビグロスサンダーゲンガーのようなスタンにはニドクイン先発後ろにサンダー、メタグロスorヘラ

ハピエアなどの受けループのようなパーティにはニドクイン先発後ろにサイクルカットのメタグロスを基本選出として対戦した。

回数を重ねるごとに参加者が増え強さを感じるのは麻痺をまけるポケモンは偉いということ。その対策をしながら相手を崩せるポケモンを考察していきたいですね。

【第三回くどオフ使用構築】クインハピナス

1192さんが代理で主催されたくどオフに参加しました。

例のごとく個体調達は他人に任せました。

今回使用したパーティはカビグロスサンダーを基本としたスタンパーティに刺さる鉢巻ニドクインから構築をスタートさせました。

メタグロスヘラクロス、ゲンガー、ランターンハピナスニドクイン このようなパーティでした。

 

鉢巻ニドクイン地震グロスを馬鹿力でカビゴンをヘドロ爆弾でサンダーなどの相手に対しそれぞれ確定1発乱数1発確定2発以内に入れることができるポケモンで技の通りが対策こそされていますがポケモン自体の対策が甘く、使用感としてはとてもいいものでした。

 

ニドクイン陽気AS@拘り鉢巻 地震ヘドロ爆弾馬鹿力れいとうビーム れいとうビームはパーティによってはシャドーボール、10万ボルトや火炎放射など、変化すると思います。

 

メタグロス意地Had@先制の爪 コメットパンチ地震シャドーボール大爆発 HDのラインは臆病サンダーの10万ボルトを確定2耐えまで振りました。もう少し耐久に割いてもいいかもしれません。

ハピナス 前回の構成からどくどく▶︎瞑想

その他流用。 対戦してくださった方ありがとうございました。